高橋栄一は、販路開拓、経営革新、黒字化、を実現する経営コンサルタントです。
神奈川県を中心に経営相談を行っております。
経営士、中小企業診断士の資格を持ち、経営相談、講演、セミナー等お引き受けいたします。

中小企業の皆様 経営に力を
販路開拓では飛び込み訪問2500社、大手・中堅企業発注企業の開拓訪問1000社の経験から生まれた実践的なコンサルティングを行います。
    
ホーム
経営のヒント7/22更新
コンサルタント
 販路開拓
 経営革新
 黒字化支援
コンサルタント事例
 内容詳細
講演依頼
 内容詳細
お問合せ
 内容詳細
ご意見募集
 内容詳細
プロフィール
 内容詳細
お知らせ
講演テーマに「業績は実行力で決まる」ほか、2テーマを追加

講演テーマに「下請企業の販路開拓の方法〜皆様と確認しましょう〜」ほか、4テーマを追加

講演テーマに「会計で経営を強くする」ほか、4テーマを追加

「創業・革新チャレンジャー 大器機械(株)」を掲載

講演テーマに「大不況を克服する3つの提案」を追加

講演テーマに「大競争時代に生き抜く事業場〜整備業はまだ恵まれている〜」を追加

「中小企業の「元気回復薬」 3服の勧め」を掲載

◆(財)神奈川中小企業センターから19年4月1日から1年間
 @発注開拓専門員
 Aインベスト神奈川企業発注開拓専門員を委嘱されました。
◆川崎市福祉サービス(保育所)第三者評価調査員に登録されました。

過去掲載記事
論文「新商品営業戦略の具体的な展開方法」

テクニカルショー2007に参加

湘南ひらつかテクノフェアに参加

新人営業マン訓練レジメ
強い下請け企業になる
「アーム式ピッチングマシンの開発」(株)ロボット工業

(株)コラソン「半導体洗浄・乾燥装置」『愛川町から中小企業の力を発信』

『国の製造業支援、中小企業次第』フジサンケイ ビジネスアイ(2008/4/9)に掲載

高橋栄一
「神奈川県創業者・中小企業者のための支援施策活用ガイド」を掲載。new![外部リンク]
「事業承継マニュアル」を掲載。new!
「東京商工会議所・中小企業経営課題」を掲載。
「平成29年度税制改正の概要について」(中小企業・小規模事業者関係)を掲載。
「未来への投資を実現する経済対策」(平成28年8月2日閣議決定)を掲載。
「未来への投資を実現する経済対策」(平成28年追加経済対策)を掲載。
「経営力向上計画」を策定し申請すると中小企業等経営強化法による支援を受けられます。
  申請書の作成につきましては当方にお任せください。
「海外展開ハンドブック」を掲載しました。
「改正中小企業等経営強化法」を掲載しました。
「中小企業の海外展開を支援する各支援機関による支援施策集」を掲載
平成28年度創業者・中小企業者のための支援施策活用ガイド
はばたく中小企業・小規模事業者300 社」及び「はばたく商店街30 選」を選定しました。
経営者保証に関するガイドライン

                                                [ 過去記事一覧 ]
経営コンサルタント高橋栄一が語る経営のヒント     2017/07/18〜2017/07/29

□見積書の作成が速くなると
下請製造業のA社から原価計算の算出方法について、検討会を持ちました。
参加されたYさんから、下記発言がありました。
(1)見積書の作成時間が早くなれば、早く受注ができ、早く作業に掛かれ、早く納品でき売上拡大につながる。
(2)標準単価を決めれば、実際単価との比較ができ、利益が出ているかがわかる。利益が出ていない場合は早く対策を講じられる。


まさに製造原価が算出できれば、Yさんのおっしゃる通りです。
早速次回から具体的に作業することになりました。

□中国人の行動力に感心
中国・青島出身のSさんに、三越本店前の伊勢定本店で「うな重」を食べながらお会いしました。

日本の商社に勤めていた経験もあり、日本語が流暢でした。
この方は、目下ミヤンマーに日本人学校を開設し、日本に人材を送り込むビジネスをされています。ビルマ語も半分ぐらいわかるとのことでした。
日本語ができる、日本でのビジネスに了解している
ことを武器にビジネスを展開されているのに感心しました。


□売上を伸ばす余地があるぞ
C組合の組合員を巡回した。
今回は4〜6月の実績の反省と7〜9月の見込みと対策を話し合ってきました。
どの組合員様のお話をお聞きしていると
「まだ伸ばせる余地がある」
と感じられました。
伸ばせていない大きな障害は
「今ある仕事に追われ、先々の対策まで手が回っていない」
ことでした。
先々の対策は
1.何をすべきか
2.誰が、いつまで、どんな方法でするか
をあらかじめ決めておく必要があると思いました。

「時間を作り出す」

人が発展させることができます。

□中央大学
福祉と雇用のまちづくり「第13回」の講義は「NPOこのゆびとまーれ」の理事長・惣万佳代子氏でした。


惣万氏は
高齢者のデーサービス」を3名の看護師とで、平成5年7月(24年前)に起ち上げました。
当初は高齢者を想定していましたが、第一号の利用者は障がい者であったとのことでした。
実際やって見ると違ったニーズがあることが分かった。
今では利用者は高齢者、子供、障がい者になっている。
良くあることです。

人間と動物の違いは何か。
1.人間にはユーモアがある。笑いがある。
2.親の介護をする。

なるほどその通りと思いました。

地域の人は近所の一人暮らしのお年寄りに声掛けしてほしい。
これなら私でもできます。

認知症の人でも役割を与えると元気になる
とのことでした。
はじめて知りました。



惣万氏が好きな言葉は
赤十字の理念は
「明日の100人より今日の一人を助ける」と、
アメリカ大統領だったケネディの言った
「この国が君たちのために何ができるができるかではなく、君たちがこの国のために何ができるかを考えてほしい」
ということでした。


惣万氏は2015年5月2年に1度、顕著な功績のあった看護師に授与される世界最高の記章であるフローレンス・ナイチンゲール記章を受章された方です。


□声を出そう
T社M工場のプロジェクト会議で
S社納期遅延対策
を係長から発表していただきました。

社長から
当工場は
1.コミュニケーションが悪い
2.お互いに協力しようという気持ちがない
と指摘された。
社員が困ったことが発生したら
「声を出そう」
提案されました。

私も同様な挨拶をしました。

□成長の障害は自分で作っている
シンクロスイミングの日本代表ヘッドコーチの「結果を出す力」(PHP研究所刊)を一読しました。

指導に基づいた内容ですので、気軽に読むことができます。

私が学んだことは
1.できないわけがない。なぜなら「できるまでやる」からだ。
2.言い訳を考えるより、上手く行き方法を考える
3.「私はこれが精いっぱい」と思うことは、自分の可能性を閉ざしている
4.練習で99回できても、できなかった1回が出るのが本番である。
5.選手とコーチ、上司と部下は、お互いに戦わなくていけない
など。
ビジネスの世界でも通じる教訓が満載されている。
是非一読してもらいたい。



□トピックス
海士町は島根県の人口2300人の小さな町である。
この町が今、元気だ。
「キャッチコピー」は
「ないものはない」

山内道雄町長
「本気の人には本気で応える
ないものはない。ならばある物を磨く。このままでは島の持続性はない」
と言っている。

ないものねだりでは道は拓けない。

以上

経営士・中小企業診断士 経営コンサルタント・高橋栄一は中小企業の皆様のこんな悩みを解決します。 販路開拓支援 経営革新 黒字化支援
サービス一覧
大手・中堅企業発注企業の開拓訪問1000社の経験から生まれた実践的な経営コンサルティングを行います。販路開拓に伴うさまざまな困難を乗り越えるためには知恵が必要です。

社員の意識改革は、つねに経営者の悩みの種です。コンサルタントを活用すれば、意識改革は効果的に進められるはずです。

中小企業の赤字会社を短期に黒字化するなどの経営改善支援を得意にしている。経営に関する数字のヨミ方、目標の置き方など経営者がおざなりにしがちなポイントを鋭く突いていきます。
中小企業の経営に役立つ豊富な講演内容を取り揃えております。経営者の皆様、会社の改革は意識の改革から。実践的コンサルティングにもとづく講演を是非ご活用下さい。
東奔西走する経営コンサルタントが、経営の現場で日々感じていることを日誌としてまとめました。

実践的コンサルティング事例の一部を公開。経営戦略はこうして生まれる。

コンサルタントとして、中小企業の皆様と共に、次のことに取り組みます。
販路開拓を支援します。
中小企業の皆様がもっとも不得意とされる販路開拓に長年の経験を生かしたノウハウをもって全力で支援いたします。
経営革新を支援します。
中小企業の皆様がもっとも不得意とされる販路開拓に長年の経験を生かしたノウハウをもって全力で支援いたします。
黒字化を支援します。
中小企業の皆様がもっとも不得意とされる販路開拓に長年の経験を生かしたノウハウをもって全力で支援いたします。
Copyright (C) イング・コンサルタンシーAll Rights Reserved