高橋栄一は、販路開拓、経営革新、黒字化、を実現する経営コンサルタントです。
神奈川県を中心に経営相談を行っております。
経営士、中小企業診断士の資格を持ち、経営相談、講演、セミナー等お引き受けいたします。

中小企業の皆様 経営に力を
販路開拓では飛び込み訪問2500社、大手・中堅企業発注企業の開拓訪問1000社の経験から生まれた実践的なコンサルティングを行います。
    
ホーム
経営のヒント10/14更新
コンサルタント
 販路開拓
 経営革新
 黒字化支援
コンサルタント事例
 内容詳細
講演依頼
 内容詳細
お問合せ
 内容詳細
ご意見募集
 内容詳細
プロフィール
 内容詳細
お知らせ
講演テーマに「業績は実行力で決まる」ほか、2テーマを追加

講演テーマに「下請企業の販路開拓の方法〜皆様と確認しましょう〜」ほか、4テーマを追加

講演テーマに「会計で経営を強くする」ほか、4テーマを追加

「創業・革新チャレンジャー 大器機械(株)」を掲載

講演テーマに「大不況を克服する3つの提案」を追加

講演テーマに「大競争時代に生き抜く事業場〜整備業はまだ恵まれている〜」を追加

「中小企業の「元気回復薬」 3服の勧め」を掲載

◆(財)神奈川中小企業センターから19年4月1日から1年間
 @発注開拓専門員
 Aインベスト神奈川企業発注開拓専門員を委嘱されました。
◆川崎市福祉サービス(保育所)第三者評価調査員に登録されました。

過去掲載記事
論文「新商品営業戦略の具体的な展開方法」

テクニカルショー2007に参加

湘南ひらつかテクノフェアに参加

新人営業マン訓練レジメ
強い下請け企業になる
「アーム式ピッチングマシンの開発」(株)ロボット工業

(株)コラソン「半導体洗浄・乾燥装置」『愛川町から中小企業の力を発信』

『国の製造業支援、中小企業次第』フジサンケイ ビジネスアイ(2008/4/9)に掲載

高橋栄一
「神奈川県創業者・中小企業者のための支援施策活用ガイド」を掲載。new![外部リンク]
「事業承継マニュアル」を掲載。new!
「東京商工会議所・中小企業経営課題」を掲載。
「平成29年度税制改正の概要について」(中小企業・小規模事業者関係)を掲載。
「未来への投資を実現する経済対策」(平成28年8月2日閣議決定)を掲載。
「未来への投資を実現する経済対策」(平成28年追加経済対策)を掲載。
「経営力向上計画」を策定し申請すると中小企業等経営強化法による支援を受けられます。
  申請書の作成につきましては当方にお任せください。
「海外展開ハンドブック」を掲載しました。
「改正中小企業等経営強化法」を掲載しました。
「中小企業の海外展開を支援する各支援機関による支援施策集」を掲載
平成28年度創業者・中小企業者のための支援施策活用ガイド
はばたく中小企業・小規模事業者300 社」及び「はばたく商店街30 選」を選定しました。
経営者保証に関するガイドライン

                                                [ 過去記事一覧 ]
経営コンサルタント高橋栄一が語る経営のヒント     2017/10/07〜2017/10/14

今日の動きが明日を創る

経営のヒント

20171014日号)

□心が洗われました

久しぶりに円覚寺と東慶寺に行ってきました。

○円覚寺

仏殿に金澤翔子氏の力強い「佛心」が掲示されていました。

仏殿の庭に、秋が少し来ていました。

板村真民氏の同志のことばが掲示されていました。

同志の定義が良くわかります。

政党の同志はどういう定義になるのでしょうか。

円覚寺を開基した北条時宗公をまつっているのが開基廟です。

見学者がお茶を楽しんでいました。

国宝の供鐘で、北条貞時公が1301年に鋳造されました。

 よくこのような大きな重いものを高台に設置したと感心しました。

○東慶寺

開山は北条時宗の妻であった覚山志道尼、開基は時宗の子、北条貞時で1285年(弘安8)に創建した。

「駆け込み寺」や「縁切り寺」で名高いお寺です。

庭には秋の草花が咲いていました。

境内には高級感のあるカフエがあり、一休みしてきました。

□常に挑戦、76

世界的な建築家の安藤忠雄展を見学してきました。

若い方や、外国人の見学の多いのに驚きました。

安藤氏の代表作は

1.大阪の住吉長屋

2.直島プロジェクト

3.光の教会

だそうです。

住吉長屋           直島プロジェクト

光の教会は実物大の模型が野外に掲示されていました。

光は電気でなく外の明るさを取り入れていました。

安藤氏は元の建物には35,000千円かかったが、今度の展示には自前で

70,000千円かかったそうです。心意気のすごさを感じます。

安藤忠雄氏は今なお76歳ですが、現役で世界に飛び回っておられます

パワーをもらいました。

97歳まで現役を貫く

新井恵美子茶「70歳からの挑戦」(北辰堂出版発売)を一読しました。

松永氏は電力の鬼と言われ、電力会社を現在の9分轄にした立役者ですが、トインビーの「歴史の研究」の発刊を推進されました。

その他国に対して数々の提案を行っています。

電力会社9分轄は77歳の時です。

この著書から、人生100年時代の今後の生き方を学び、パワーをもらいました。

松永氏が活躍できたのは

1.周囲に有力な人たちの交流があり、情報を得ている

人脈の形成が大切である。福沢諭吉、福沢桃介、小林一三、吉田茂、池田勇人

などそうそうタル人たちだ。

2.良いと思ったことはすぐに粘り強く実行する。

3.私利私欲がない。

□企業のニーズをみたせてくれる

ある企業が、ものづくり補助金の申請を前提に、工程の見える化と原価計算ができる仕組みをIT化することになりました。

ソフト開発会社と打ち合わせを行いました。

まず企業様から

「ソフト開発のニーズ」

を発表してもらいました。

次にソフト会社から

「現在あるソフトで、企業のニーズをどこまで満たせるか」

を説明してもらいました。

その上で、

「新たに加えるソフトを開発してもらう」

ことになりました。

費用がいくらかかるかを見積もってもらうことになりました。

□現状のままでは

ある組合の理事会に参加しました。

ある理事から、

「いつも売上実績の発表では、業績が良くならない。新たな取り組みを検討しよう」

という発言がありました。

すぐに私から

「組合は日曜営業を行っているが、組合員の利用が少ない。いかに増やすかを

検討してほしい」

と発言しました。

理事長から

「日曜営業は当たり前だ。組合員はもっと利用しよう」

と。

その後に喧々諤々の意見がでて、久しぶりに活発な意見が出てきました。

□トピックス

書籍名「荒くれ漁師をたばねる力」の書評が朝日新聞に記載されていました。

「人は死なない限り、必ず一歩ずつ前進している」と。

経営士・中小企業診断士 経営コンサルタント・高橋栄一は中小企業の皆様のこんな悩みを解決します。 販路開拓支援 経営革新 黒字化支援
サービス一覧
大手・中堅企業発注企業の開拓訪問1000社の経験から生まれた実践的な経営コンサルティングを行います。販路開拓に伴うさまざまな困難を乗り越えるためには知恵が必要です。

社員の意識改革は、つねに経営者の悩みの種です。コンサルタントを活用すれば、意識改革は効果的に進められるはずです。

中小企業の赤字会社を短期に黒字化するなどの経営改善支援を得意にしている。経営に関する数字のヨミ方、目標の置き方など経営者がおざなりにしがちなポイントを鋭く突いていきます。
中小企業の経営に役立つ豊富な講演内容を取り揃えております。経営者の皆様、会社の改革は意識の改革から。実践的コンサルティングにもとづく講演を是非ご活用下さい。
東奔西走する経営コンサルタントが、経営の現場で日々感じていることを日誌としてまとめました。

実践的コンサルティング事例の一部を公開。経営戦略はこうして生まれる。

コンサルタントとして、中小企業の皆様と共に、次のことに取り組みます。
販路開拓を支援します。
中小企業の皆様がもっとも不得意とされる販路開拓に長年の経験を生かしたノウハウをもって全力で支援いたします。
経営革新を支援します。
中小企業の皆様がもっとも不得意とされる販路開拓に長年の経験を生かしたノウハウをもって全力で支援いたします。
黒字化を支援します。
中小企業の皆様がもっとも不得意とされる販路開拓に長年の経験を生かしたノウハウをもって全力で支援いたします。
Copyright (C) イング・コンサルタンシーAll Rights Reserved